FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2010/07/01(木)   CATEGORY: 自由詩
無血革命
無血革命への情熱 なぜ冷えたのか 気だるい夏に


地球の巡りを逆転させる程の意志がある


想念の古層にどっかりと居座る我


まだ足りぬ まだ足りぬとペン走らす


燃え上がらぬ魂に冷たい刃物宿る


人間革命の歓喜から退いて刃物を研いでいる


最後部 いつも最後部で返事返す我


心に冷たい刃物 宿業として受け入れる


静かな部屋で無血革命の行く末を按ずる


この夏にゾクゾクと寒気する人類に贈られた人間革命感ず


人類の暗転覆す革命に参加する


灼熱の白砂の上で仏祀る儀式が遠く行われ
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.