FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/01/06(日)   CATEGORY: 自由詩
Father 鮎川
息が途絶える 闇の極北
袋小路 薄汚れた壁
暗黒の針 立つ  視界

視野はつづまる
うす暗闇の復員船
船倉の壁のシミを
いとおしさで見つめ続けた

どこへも行けない

終わりが始まった

そこから始める
狂おしく
狂気

Father Father 鮎川!
 
沈黙の死者と
遺言執行人

携えた
重い言葉
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.