FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2010/04/08(木)   CATEGORY: 自由詩
歌詞「君らが進む」
今 俺は服を脱いで
裸の感覚に浸って
日射しの中で
きっと骨が透けるだろう

若き心の友よ
俺は倒れる
息が止まる

我が屍を乗り越えて
君らが進む


今も俺は読書する
時間が生命と争う
蛍光下で
きっと歴史が秘密を語る

若き魂の兄弟よ
俺は毎日遺言して
息が続く限り

我が言葉を喰ってしまえ
君らが進む


俺は今座ったまま
考えをまとめている
白いノートが
血肉に変わる喜び

若さそのものよ
恋人の過剰を俺にくれ
見詰め合ったら

天国はここ
君らが進む
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.