FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2021/05/10(月)   CATEGORY: 自由詩
立原道造詩集より
晩(おそ)き日の夕べに

大きな大きなめぐりが用意されているが
だれにもそれとは気づかれていない
空にも 雲にも うつろう花らにも
もう心はひかれ誘われなくなった

夕やみの淡い色に身を沈めても
それがこころよさとはもう言わない
啼いてすぎる小鳥の一日も
とおい物語と唄を教えるばかり

しるべもなくて来た道に
道のほとりに なにをならって
私らは立ちつくすのであろう

私らの夢はどこにめぐるのであろう
ひそかに しかしいたいたしく
その日も あの日も賢いしづかさに?

『立原道造詩集』

*凡そ全てのヒューマノイドがその因果の巡りを成就するように!
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.