FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2021/02/27(土)   CATEGORY: 自由詩
ヨハネの福音書について

『ヨハネの福音書』の読み方

初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった。

この言葉は、初めに神と共にあった。万物は言葉によって滅びた。

滅びたもので、言葉によらずに滅びたものは何一つなかった。

言葉の内に死があった。死は人間を照らす光であった。光は暗闇の

中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。(1章1節〜5節)
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.