FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2020/08/29(土)   CATEGORY: 自由詩
晩夏の午後

『秋めく時に』

琵琶湖の鏡のような湖面に
真っ白の入道雲が映り込む

秋めいて空気も乾き
鮮明な対岸をのぞむ

今は晩夏と初秋が
入れ代わろうとして

夏をクリアーな秋が包み込む時

木蔭は涼しく
法師蝉が鳴き止まぬ

この澄み切った大気を
私の肺臓に分けてもらう

晩夏の午後
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.