FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2020/08/24(月)   CATEGORY: 自由詩
高位メーソンは堕天使
イルミナティーやら爬虫類人は、聖書外典の『エチオピア語
エノク書』の200人の堕天使かと…

『堕天使は妻をめとり、各人一人づづ女を選びこれと関係を
もち、交わりはじめた。女たちに医療、呪いを教え、薬草の
根や灌木の断ちかたを教え込んだ。彼女らははらんで、背丈が
3000キュビトというとてつもない巨人を生んだ。<中略>
そこで巨人たちは人間を食わんものと彼らに目を向けた。彼ら
は鳥や獣地を這う生き物や魚に対して罪を犯し、互いの肉を
くらいあい、血をすすりはじめた。その時、地はこの狼藉者
たちに対して非をならした。(第7章)
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.