FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2020/07/31(金)   CATEGORY: 自由詩
山からの風を受けて

『比良山系からの風』

気怠い午後の陽射しを避けて
窓もドアも開け放って
部屋全体を山風で満たすと

己の人生の出来事が去来し
微睡みに溶けていった

部屋全体を風で満たすと
身体の呼吸が深く
夏の山々を満たし

魂は風に乗り
この界隈に生息する
トンビの鳴き声と混ざり

大空を駆けていった
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.