FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2010/02/28(日)   CATEGORY: 自由詩
2・27日の意識の流れ
波打ち際に源郷響き仏座す


風の都で焼香して空を広げる


南方へ回帰する群れる魂おたまじゃくし


アメリカ人が文化大革命の腕章をしている


中国人がヤクザなアメ車を乗り回す


地獄では腐った骨に花の咲く日本兵


およそ倫理的でない存在の地獄堕ち


地獄の責苦 快楽とうそぶく馬鹿者には


健忘症の日本神話 己の邪悪知ってか知らずか


兎の皮剥ぎ師は神に嘉される


耕作地の終わる所に夢見の宮を建て


海辺で月見あげて空に舞う


肉体の無い存在に過剰イメージは地獄


蝶の飛ぶのを見計らって願かけル


雑草が風になびいて快楽主義


性的な幻想に浸りきって茂み


風に揺れる草花見とれている午後


南下してゆく魂の揺れに透明度増す風


機械駆使して進化などしてしまおう青年


飛び去ってしまうほど思想を削ぎ落とす


進化・退化 昇天・堕天・宙吊り自由の意味


南洋の日本兵 肉片ムカデに食べられムカデに転生


地獄の記述始めるとすえたそれが臭う


地獄想えば出現し仏界想えば出現する心 この心に


最善の生命状態を目指しているのに嘘つく野郎


権力の野望に憑かれて嘘で塗る壁の白さ


魂の灯吹き消して嘘ばかりつく保身者


蒔いた種を己で刈る世界は一つ


ミゾオチのフロンティアに植樹して


ジャングルに小屋建てて小鳥と読書に励む


ほとんど自分にしか興味がない蠅取り蜘蛛飛び


自身の特異点刺激して言葉を湧出する


その輝いている魂を見せてくれ


あなたの中の娘を俺にくれないか


娘 桃のような魂 食べ頃


男の中に娘の住んでいる桃源郷


七色の虹の尻尾につかまって


常に学習する事で進化の加速度を増す


エントロピーに逆らう生命は進化を意志して


小休止に水飲んで整えたら前へ進もう


権力に憑かれて月夜にピエロが踊ってる
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.