FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2010/02/18(木)   CATEGORY: 自由詩
春浅い日の詩集
同じ詩人の詩集
何冊か並べてある
版が違えば全く別物

同じ詩人の人生
何度か見てみる
年譜が語る道しるべの輝き

同じ詩人に行ったり来たり
何度読んでも満たされない
真似る息づかいに遠い一歩


春の日向また本に目を落とす
自分の力を試してみたい
模倣の数で
見えてくる形もあるはず

憧れと焦燥は
早春の川原を流れる風
心地いいねと呟くと
優しく頬を撫でる

春浅い日の風と詩集

そっと首かしげて
春の野を聴くと
街の喧騒は幻聴のように響いて
人と人の営みが
川の水に記憶されるから
川原で混沌と交わる
川の流れ絶えずに



同じ詩人の詩集
何冊か並べてある
版が違えば全く別物

同じ詩人の人生
何度か見てみる
年譜が語る道しるべの輝き

同じ詩人に行ったり来たり
何度読んでも満たされない
真似る息づかいに遠い一歩


巡る 巡る季節の舞台
書物の木曜日に
そっとメモるペン先に
宇宙の軌跡が宿るから

暮れてゆく夕べに
ふと放浪の憧れが染みわたる
携える本を選んだら
夜更けるまで読み続ける

春浅い日の風と詩集

街のまたたき窓辺の希望
そっと手を当て
未来を描いてみる
どの子もみんないい子だから
夜の窓には花が咲いて
僕は見ていた聴きとった

まだ春浅い日に変わる世界が
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.