FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2020/02/18(火)   CATEGORY: 自由詩
宴を散らして 歌詞
宴を散らして

風に散る桜花 和風に散りゆく
我 風となり花散らす
宴がもう…散り果てるよ

宴が散りて
音と光を浴びきって
泳ぐ 泳ぐよ
我ら若水の精霊となる

鏡のような水面が一陣の風に騒ぎ
我が心の如く奮い立ち
薄紅の花びら手向けの焼香
色の薫りを聴きながらそっとそっと
目を瞑る 世界が観えた気がした


清流が清風と 飽きずに喋りて
我 花となり風揺らす
宴の後…虚ろな時よ

宴が消えて
光と音が消え去って
歩く 歩くよ
我ら烈風の精霊となる

鏡のような水面が一陣の風に騒ぎ
我が心の如く奮い立ち
薄紅の花びら手向けの焼香
色の薫りを聴きながらそっとそっと
目を瞑る 世界が観えた気がした


*和風。穏やかな風。木の葉を動かす程度の風。
暖かい春風。

*若水。元日に若水をくむ。
元日(古くは立春)の朝早くくむ水。


追伸
ピンク フロイドよりも大幅に効果音を使ったグループがないの
が不思議です^_^
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.