FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2019/11/07(木)   CATEGORY: 自由詩
空を眺めて
曇天と陽光

高曇りの白い薄雲
時として青空が見えて

陽光がお話しをしたそうに
窓から差し込み

僕は大きな息を吐いて吸う
目を閉じて柔らかな光を吸う

まぶたの裏に薄ピンクの模様
残像も形を変えながら通り

午後の陽は台地を包み
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.