FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2010/01/24(日)   CATEGORY: 自由詩
太古の蛇信仰
鼻先に精子臭う宵闇に蛇酒


神輿に群れる精子らのふんどし白し


昇龍の大陸と銀嶺の富士ともに清し


半島と日本海とを見詰め合う二人


エーテル日本海抜50m瀑布落ち


亜寒帯の山々を一瞥して海嶺を泳ぎ切る


太古の蛇信仰の名残りジグラットの影濃く


列島にゲートがあって浸透圧


神々と同じく太陽は手で触れられる
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.