FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2019/07/15(月)   CATEGORY: 自由詩
荒井由実 雨のステーション

「六月は蒼く煙って 何もかも滲ませている」
荒井由実名義の『雨のステーション』こんな牧歌的な
歌が歌われた時代があったのだ。天変地異が絶えない。
気象兵器なら地球生命に対する大冒瀆だし、地球霊が
怒っている?俺たちのライフスタイル。黙示的だな。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.