FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2019/06/27(木)   CATEGORY: 自由詩
詩人 ルネ・シャール
放蕩息子の炬火(松明)

村八分にされた農場は 焼かれ
おまえは 雲よ その前をとおりすぎる

抵抗運動の雲
あれこれの洞窟に影さす雲よ
ねむる心をうながすものよ

『あるじのいない槌』ルネ・シャール



『引きつった平静さに』1952年 ルネ・シャール

私たちは最後の絶望と、なんにもならない希望の時代、
言いようもない時代に達している。慰め。これは窮境
(きゅうきょう)にあって、これから私たちの手が成し遂げ
ようと試みることが、おそらく大事なものになるという
ことだ。

*窮境=苦境 。70年近く前に現代の問題を指摘している。
*シャールはドイツ軍とのレジスタンス運動に参加しています。
*もし興味があるのでしたら、セリ・ポエティクⅢ ルネ・
シャールでAmazonで検索して下さい。割合、安価です。



これまでつねに贖われてきた世界は、私たちに逆らって、
とどめを刺されることになるのだろうか?人間のうちなる
時間を停めて、人間を催眠にかけ、その魂に孔をあける者
たちこそ犯罪者だ。

1952年ルネ・シャール『引きつった平静さに』
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.