FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2019/04/06(土)   CATEGORY: 自由詩
大陸旅情
江南の春

見晴るかす千里の彼方まで、鶯は鳴き、
緑の若葉が紅い花々と照り映えている。
水辺の村にも山辺の街にも、酒を売る
旗や幟が春風に揺れている。
ああ、かつてここに栄えた南朝四百八十もの寺々よ。
この煙るような雨の中に、どれほど数々の高殿が
朧に霞んでいることか。

『杜牧詩選』岩波文庫
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.