FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/11/30(金)   CATEGORY: 自由詩
森鴎外

『牛鍋』森鴎外

鍋はぐつぐつ煮える。
牛の紅はすばしこい箸で返される。白くなった
方が上になる。
斜めに薄く切られた、ざくと言う名の葱は、白い
処が段々に黄色くなって、褐色の汁の中へ沈む。
箸のすばしこい男は三十前後であろう。晴着らしい
印半纏を着ている。

*スキヤキ一つで小説になった時代………
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.