FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/11/26(月)   CATEGORY: 自由詩
ファチマの預言より
ファチマの預言
(北海道トラピスト大修道長宛)

「二十世紀後半において、神の大いなる試練が人類の上に
下るであろう。民は神の恩恵を足蹴にし、各地において
秩序が乱れる。国家の最高部をサタンが支配し、世相は
サタンによって導かれる。教会の上層部にもサタンが入り込む。
特にサタンは学者の頭を混乱させる。人類の大半を数分の
うちに滅ぼすほどの威力をもつ武器が作り出される。枢機卿は
枢機卿に、司教は司教に戦いを挑む。民族の指導者らは権力を
ふりかざす。

神の罰は洪水のときよりも悲惨である。偉大な者も小さき者も
同じく滅びる。二十世紀後半において大いなる戦乱が起こる。
(ここはキリストの言うつまずきの石)腐ったものは堕ちる。堕ちた
ものは、もう支えることができない。<後略>
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.