FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/10/13(土)   CATEGORY: 自由詩
『立原道造全集』第6巻より
僕は 風と花と雲と子供をうたっていればうれしかった
詩はそれをいやがっていた
🔸
僕はきれいな詩のなかで
泳いでいた、
水死人が泳ぐように
🔸
詩の美しさのなかで
ぼくのみにくさ

『立原道造全集』第6巻
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.