FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/10/07(日)   CATEGORY: 自由詩
優しき歌
優しき歌 Ⅱ

しずかな歌よ ゆるやかに
おまえは どこから 来て
どこへ 私を過ぎて
消えて 行く?

夕映が一日を終わらせよう
と するときにーー
星が 力なく 空にみち
かすかに囁きはじめるときに

そして 高まって むせび泣く
弦のように おまえ 優しい歌よ
私のうちの どこに 住む?

それをどうして おまえのうちに
私は かえそう 夜ふかく
明るい闇の みちるときに?

『立原道造全集』第1巻
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.