FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/10/06(土)   CATEGORY: 自由詩
まるで奇蹟のように
また一つ台風が通り過ぎた
朝まであんな強い風だったのに
秋の虫がすだき無風の夜半

一つまた一つ台風が過ぎるたび
秋が深まって行く
爽やかな乾いた大気が胸に滲みる

こうやって何気ない日常が過ぎて行く
まるで奇蹟のように
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.