FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/10/05(金)   CATEGORY: 自由詩
『立原道造全集』第2巻より
夜曲

あかりを消したふかい町に
やさしい何かが眠っている

そこには谷間のような月のかげ

誰も知らない小さい寝床に
ひとがめいめい眠っている

そこは栗色のランプのひかり

しめった夜のなかをひっそり
けむりのように風のように
僕は ひとりで 過ぎて行く

『立原道造全集』第2巻
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.