FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/09/07(金)   CATEGORY: 自由詩
社会秩序の崩壊の預言
男奴隷はその主人と、女奴隷はその女主人と、
買い手は売り手と、
貸し手は借り手と、
債権者は債務者と等しくなる。『イザヤ書24章』

禍は全ての者に無差別に臨むと言う趣旨になる。
社会における一切の差別が無くなり、従来の秩序
ないし序列が混沌に帰し、崩壊して行く、と言う
意味になる。即ち1節が自然界の荒廃を語っている
のに対し2節は社会秩序の崩壊を預言している。
『黙示文学序説』高橋三郎著
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.