FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/09/05(水)   CATEGORY: 自由詩
『黙示文学序説』より
第4エズラ書

第5の幻。
海の中から、12の翼と3つの頭をもっている鷲が現れ、全地を
支配するに至る(ローマ帝国、今アメリカ合衆国)。ついで森の
中から獅子(メシア)が現れ、鷲の暴虐を糾弾する。

「お前はこの世を恐怖によって支配し、
はなはだしい圧政によって全世界に君臨した。
長い年月にわたり、世をあざむき、
地を審(さば)いたがその審きは真理によるものではなかった。
お前は柔和な者を苦しめ
おだやかな者を押さえ付け、
正直な者を憎み、
嘘を愛した。………
そこでお前の高慢は至高者のみもとまでいたり、
お前の誇りは力ある主のみ前にのぼった。………
それゆえ、鷲よ、お前は消え去るのだ。
お前の恐ろしい翼も
邪悪な小さな翼も
危害を与える頭も
悪事をなす足の爪も
いや、そのろくでもないお前の全身が、今や消え失せるのだ」

*大バビロン、アメリカ合衆国が消え去ると………
『黙示文学序説』高橋三郎著
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.