FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/06/19(火)   CATEGORY: 自由詩
ベッドに体を横たえて
風は夢見心地に過ぎて行く
高曇りの空に光のエーテルが満ち満ちて
この眼から光りを浴びるように吸い込む

満足げな微笑み細く長い息
心を鎮め光の圧を感じながら

木々が揺れる葉擦れの音に
自我の眼をゆっくり溶かすと
私の体は淡く消えて
心が風に乗り
遠く消える
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.