FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/05/29(火)   CATEGORY: 自由詩
光の子と闇の子の戦い 死海文書
光と闇の子の戦い 死海文書より

(戦いの規律 第15巻)

この時こそが、イスラエル(シオニストではない)の神にとって
悩める時であり、あらゆる諸族との戦いに招集がかけられる時
である。そこには、神の陣営にある者に対する永遠の救済があり、
よこしまな者に対する破滅がある。
戦いの準備ができている者は、繰り出して行き、キッテムの王と、
神の軍団による報いの日のために集まったベリアルの全軍の前に、
宿営する。その後、祭司長は他の祭司やレビ人、軍の全戦士とともに
立ち上がり、来るべき時を目前にして、「規律の書」に書かれた
「戦いの時」という祈りを暗唱し、賛美歌を歌う。<後略>

*支配者1%の闇の子のと99%の善良な民衆、光の子の戦い………
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.