FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/04/14(土)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』シュタイナー
25
やっと自分をとりもどす。
内部の光が 今
空間と時間の闇を照らす。
森羅万象が 眠りにつこうとするとき、
魂は 深いところから目覚めはじめ
内部に引き受けた太陽の熱を
冬の寒気の中へと そそぎ込む。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.