FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/03/16(金)   CATEGORY: 自由詩
李 商隠
無題

一筋の白い道がうねうねと夕映えの空に入って行く。
七香の艶やかな馬車、あしげのいななきが響き渡る。
春の風はわけもなく、誰とともに微笑んで、わざわざ
滅ぼしたりするのか、陽城十万の家を。(李 商隠)
*楚の美女が微笑むと、陽城や下葵の人々を夢中にさせた。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.