FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/09/06(日)   CATEGORY: 自由詩
常に蝶が舞う
虫の声が秋の夜を偲び


街に溢れた陽光と抱擁を交わす


陽を受け入れて秋の体を透明にす


ビルとビルの間にコスモスなど咲かす


夜が長く影引いてあなたとの時


南の島で蝶は飛び続けて


常に蝶舞うそんなお話
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.