FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/12/31(日)   CATEGORY: 自由詩
いのちと詩のあいだに
いのちと詩のあいだには、一体化へのあらがい得ない衝撃があり、
詩人は、その一体化への資格が回復される時を待ちのぞんでいる。
「詩は、ふたたび資格を得た人間の内部に宿る、未来のいのち」
(『蛇の健康を祝して』26)。そして、その一体化こそ、詩人に、
やみと圧制との共同の圧力に対して、攻撃の武器、自由の武器を
ふるうことを、可能にするものなのである。
<セリ・ポエティック>Ⅲ『ルネ・シャール』ピエール・ゲール著
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.