FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/11/27(月)   CATEGORY: 自由詩
産まれなかった子について
静かに秋の日々が過ぎて
窓を叩く海風と会話を交わして
島の天気の良い陽光を浴びて
Tシャツがちょっと汗ばむ頃

軽い眠気の中で
今は亡き友が近づく
おまえとロックデュオ組んでたら
どんな事が出来たのだろう

解放された意識・無意識が言う
いけない!
これは死んだ子の歳を数える事

島には相変わらず海風が吹いてる
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.