FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/11/21(火)   CATEGORY: 自由詩
あぐね 頼 山陽
あぐね(頼 山陽)
海岸一帯、大波の逆巻くところ、奇岩怪石が
高く乱立している。目を見張って遠く西南の方を
眺めても、大洋の果て無きを見るのみで、一点の
山影さえ認めない。目に入るものはただ海面低く
飛び迷うクマタカ、波間に出没する帆影だけ。
遠く彼方に水と相接してほうふつたるところ
台湾であろう。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.