FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/09/27(水)   CATEGORY: 自由詩
夢の自動書記
坂を下って信号機に出る赤だが無視して
通過する 海が見えてカイトが上がっている


風が強く窓を半分閉めると
秋の虫の声が聴こえるようになり
隣室でミシンをかける音がする


4・5歳の女の子二人がスクランブル交差点で
鬼ごっこをしている 人ばかり多く
不思議と車が一台も通らない
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.