FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/08/29(火)   CATEGORY: 自由詩
アフォリズム
夢博士の独白に唯一の現実と思っているこの世界に
独立した小島のような事実があり 夢の大洋が手を伸ばす


百の言葉並べ立てても卑怯な我居て
いつもいつも己を裏切り続けている


世界が真綿で首を絞めるように変化する時
人々が病み何を価値にしていいかわからぬ時に神は


音楽に色彩があるように言葉扱っていると
立ち昇る色とりどりの淡い靄在って我の周りを回転する
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.