FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/07/27(木)   CATEGORY: 自由詩
『自由の牢獄』より エンデ著

『自由の牢獄』より(道しるべの伝説)
ミヒャエル・エンデ著 田村 都志夫訳

わけも知らず、この世に自分の故郷がないと感じる
人がいるものだ。まわりの人たちが現実と呼ぶものが
錯覚に思われる。それは、混乱した、しばしば苦痛を
与える夢、はやく覚めればいいと思う夢に思われる。
あたかも冷酷な異郷への流刑(るけい)のごとく、この
世にとどまれと、裁きを受けたかのようだ。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.