FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/06/21(日)   CATEGORY: 自由詩
カウアイ島讃歌?
見晴らせば水平線の雲浮いて
      伸びやかに在り生滅していて


木陰にて風と潮騒聴きいって
      遥かなる原郷南方の血沸く


風に揺れ止まり木の鳩羽づくろい 
        ゆったりと時みつめつつ
 

唱題すひげ曼荼羅の四天王
       人界の不義に義憤の腕組


カウアイの山の神と親しくて
        四天王らの怒りも少なく


静かなる湖面一日椰子映り
        さざ波揺れて波間に消え
        
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.