FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/11/20(日)   CATEGORY: 自由詩
(那珂太郎)薊(二連)
薊(二連)
さしのべられた痩せた干魚のさきで 曇り硝子の
破られ目からわづかに覗いた青空のきれっぱし
お前の瞳はそれを映したか だがそれはもはやお前の
ものではなかった 光と影によじれた時間がちぎれた
テープのようにくづ折れ 瞬間果たれぬ蒼茫に呑まれた
出帆のあとのひとけない波止場
「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.