FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/10/17(月)   CATEGORY: 自由詩
(未完のノート)Ⅶ
傷ついた小さい野獣のように、もし私が叫ぶなら
誰が それを聞くだろう、誰がそれを捕らえるだろう
そうして 粗い草に身を投げて 私の眼があてなく
空をさがすなら あわただしく 誰が空を信じよう
『立原道造全集4』「火山灰」ノート
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.