FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/10/12(水)   CATEGORY: 自由詩
「火山灰」ノート
おまえは 僕を 知ることが 出来るだろうか

ようやく 不確かな 夕うぐれが
うすやみに かわりはじめる
あの おそろしいまでに ゆるやかな
移りかわりを 僕には辿れるだろうか

あのときに 僕が 死んでいたらよかったのだ
ずっと美しく 僕が 生きるためには
『立原道造全集4』「火山灰」ノート
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.