FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/10/07(金)   CATEGORY: 自由詩
『立原道造全集4』
それはあたらしい日々のはじめだろうか

日付はいらない

ここでは、私は何もしていない。だけどたったひとつ、
私は、生きている!これは今まで私が思っていたより
ずっとよいことなのだ。私は生きている!

八月が終わる一日まえの日。
私は部屋をとりかえた。私の窓から前より
景色がよく見えるように(なった)。曇った日では
あったが佐久の平をこえた向こうに雲をつきぬけて
八ヶ岳見えていた。
『立原道造全集4』スケッチ・ブック3
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.