FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/09/26(月)   CATEGORY: 自由詩
『唐詩鑑賞辞典』より
江楼にて感を書す(こうろうにてかんをしょす)

ただ一人、江楼に登れば、思い果てしなく
月は水のごとく冴え、水は空につらなって流れる
共に来て月を愛でた人は、今どこにいるのか
風景だけはどうやら、去年さながらに見えるのに
(趙か)『唐詩鑑賞辞典』
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.