FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/09/21(水)   CATEGORY: 自由詩
『唐詩鑑賞辞典』より
独り敬亭山に座す
(ひとりけいていざんにざす)

たくさんの鳥が空高く飛んで、どこかへ消えていった
たった一つ浮かんだ雲がのんびりと流れて行く
じっと見つめあっていて、お互いいつまでも見飽きないのは
ただ敬亭山があるだけだよ(李白)『唐詩鑑賞辞典』
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.