FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/09/16(金)   CATEGORY: 自由詩
鸛鵲楼(かんじゃくろう)に登る
鸛鵲楼(かんじゃくろう)に登る

光輝く太陽はながめやるうち西の山にもたれかかる
ようにして、しだいに沈んでゆく。黄河ははるかかなたの
海に流れ込むばかりの勢いで流れ去ってゆく。この絶景に、
千里のかなたまでも眺めつくしたい気持ちになり、この楼の
一層上まで登ったのである。王之渙(おうしかん)
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.