FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/09/11(日)   CATEGORY: 自由詩
ひとり林に
ひとり林に

だれも 見ていないのに
咲いている 花と花
だれも きいていないのに
啼いている 鳥と鳥

通りおくれた雲が 梢の
空たかく ながされて行く
青い青いあそこには 風が
さやさや 過ぎるのだろう

草の葉には 草の葉のかげ
うごかないそれの ふかみには
てんとうむしが ねむっている

歌うような沈黙(しじま)にひとり
私の胸は 溢れる泉! 高く
脈打つひびきが 時を進める
『立原道造全集4』
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.