FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/08/31(水)   CATEGORY: 自由詩
李白
清平調の詞 その三

名高い牡丹の花と傾国の美女が、互いにその美を歓びあう。
天子は楽しげに眺めて、飽きることもない。
春風ゆえに生まれる無限の恨み、憂鬱を解きほぐすかのように、
沈香亭の北、欄干に身を寄せた妃の美しさ。
(李白)*傾国。絶世の美女
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.