FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/08/25(木)   CATEGORY: 自由詩
『王維詩集』より
山居秋瞑(さんきょしゅうめい)

静かな山の初めて降った雨の後。空の様子は、
暮れ方ともなれば、いよいよ秋らしい。明るい
月が松のあたりを照らす。澄んだ泉が岩の上を
流れる。竹藪がにぎやかなのは、洗濯娘のお帰り。
蓮の動いているのは、漁師の船のお下り。春の
花は好きなように散ってなくなってしまうがいい。
若様はそんな事など構わずに、じっと留まっている。
『王維詩集』岩波文庫
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.