FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/08/19(金)   CATEGORY: 自由詩
静物(吉岡 実)
静物

夜はいつそう遠巻きにする
魚のなかに
仮に置かれた
骨たちが
星のある海をぬけだし
皿のうえに
ひそかに解体する
燈(あかり)は
他の皿へ移る
そこに生の飢餓は享(うけ)つがれる
ぼくの皿のくぼみに
最初はかげを
次に卵を呼び入れる
(吉岡 実)
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.