FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/06/29(水)   CATEGORY: 自由詩
『オカルト生理学』より
人間有機体は、この地上生活においては、
その全体が自我の道具であることによってのみ
意味を持ちます。そしてその自我のもっとも
直接的な道具である血液系が体内に存在する
ときのみ、そうであることができます。
『オカルト生理学』シュタイナー著 高橋巌訳
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.