FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/02/08(日)   CATEGORY: 自由詩
信じられた昼と夜
昼と夜が厳然と在る

昼がある
青の空は抒情を誘い
雲の流れに永遠を見た
陽光の人影の寂しさに
一人 枯野に立ち尽くし
呟きを書き留めている

夜はやって来て
黒い大地が街の灯で煌めき
蛍光灯の明るい部屋で
各々の物語が綴られて
静かにキーボードを叩く音が
明かりが漏れるように闇に響いた

(これは、時間の費やし方。起きる事物。)


月に昼と夜がある
漆黒の空に太陽が昇り沈む

海の無さ 大気の無さ 雲の無さ
その分 宇宙との繋がりが明確だ
晒された天体 月

昼間 遮光板を通して見る
構成物の影の切れ味のいいこと
宇宙線は霰のごとく降り注ぐ
風の無い 
無音の潮が押し寄せる
影の凍る 月面の昼
漆黒に輝く太陽の翼

日が落ちると
星星の世界のヴェールが揚げられる
吊るされた天体ら
私の心拍の拍動に同期して
グワーン グワーンと落ちてくるよう
聞こえるのはこの生体を維持している
心拍音に呼吸音それと星の音

構成物で生体維持を図ったら
ここの昼と夜を謳おう
恒星と惑星の永遠の真実だから


海も消え 水も無く 有機生命体が消えても

私は霊となり惑星周回軌道に疾風のペガサスを駆って昇ろう

日の出があり日没があり山脈の影ができる
殺伐とした大地を見下ろしながら

人には決して聞こえない波動で
この昼と夜を謳おう

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.