FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/01/19(月)   CATEGORY: 自由詩
夜の雨
夜半過ぎに雨は降った
大地は黒く浸透されて しっとりと
朝の目覚めに清涼な大気があり
吸う息 吐く息は冷たい湿潤を
血の通う暖かな肺腑と交換する

私の知らない夜
夢の潮に委ねた聖なる夜に
いつの間にか冬の雨降る

静かな寝息が部屋を満たし
人型の霊体ただよい
発光の夢 
紡がれた無意識の古層
化石の発掘の人は

夜の雨降る 夜に雨降る

私の知らない天と地に約束は秘かに交わされ
冬の大地は湿潤に満ちて
大きく息をする
寝息と交差した雨音に

窓のない寝間に
静かな灯り
明け方のまどろみに
雨は幻想され
夜は過ぎた

夢の地平から
意識の黎明が訪れて
想念の小鳥が飛び始めて

朝はまた訪れる
昨日と違うこと無く
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.